解体工事の流れ
ホーム > 解体工事の流れ

解体工事の流れ

1.お問い合わせ、お見積もりの依頼

建物構造種別・解体作業、近隣環境・搬入出ルート確認・
解体作業重機車両選定。

2.お見積もりの提出

解体工法(方法)・費用を提案・説明。

3.解体工事のご契約

4.建設リサイクル法に基づく届出

建築物の延べ床面積が80㎡を超える解体工事には届出が義務付けられています。必要書類の作成、届出は当社が代行いたします。

5.近隣挨拶

近隣の皆様にご挨拶・説明をし、円滑に解体工事を行えるようにします。

6.電気、ガス、電話の引き込み配線、配管の撤去

7.解体工事着工

騒音・振動・防塵・安全対策を徹底し解体作業を行います。解体工事により生じた産業廃棄物を分別し中間処理・最終処分施設へ搬出します。

8.マニフェスト伝票の作成

解体工事により生じた産業廃棄物がどのように処理されたかを書類にしたものです。 5年間の保存義務があります。

9.解体工事完了

解体工事完了後の現場確認をして頂きます。

10.建物滅失登記

登記申請書に建物取り壊し証明書を添付し建物滅失登記
(司法書士にご依頼下さい)。